2018年01月20日

本屋大賞 今年も候補作出揃う。

2018年度の本屋大賞の候補作が、1/18(木) 12時過ぎにWEB上にて発表されました。
なかなか良いラインナップ。しかし、二連連続の著者の方多し。

勤務先の最寄り駅そばに紀伊国屋があり、『屍人荘の殺人』を入手。その他も即時発注。今年は、すでに2冊読了していました。
すでにブログ記事があるもののみリンクしています。

作品名 著者 出版社
『AX アックス』伊坂幸太郎(著)KADOKAWA 入手済
『かがみの孤城』辻村深月(著)ポプラ社 読了
『キラキラ共和国』小川糸(著)幻冬舎 読了
『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人(著)実業之日本社 発注済
『屍人荘の殺人』今村昌弘(著)東京創元社 読了
『騙し絵の牙』塩田武士(著)KADOKAWA 発注済
『たゆたえども沈まず』原田マハ(著)幻冬舎 入手済
『盤上の向日葵』柚月裕子(著)中央公論新社 入手済
『百貨の魔法』村山早紀(著)ポプラ社 入手済
『星の子』今村夏子(著)朝日新聞出版 発注済
posted by 灯台守 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182193899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック