2017年12月24日

キラキラ共和国 小川糸

キラキラ共和国 小川糸 幻冬舎
ごぞんじ、「ツバキ文具店」の続編。

正編の感想はこちら
ツバキ文具店

NHKの連続ドラマが、わりと良くて鎌倉にあこがれてしまいます。すっかりポッポちゃんのイメージが多部未華子さんになるかと思いきや、初読時のイメージが浮かんでくるのは、さすが小川糸さんの筆力でしょう。

前回、いい感じだったモリカゲさんと結婚したポッポちゃん、QPちゃんのその後のエピソードの話なので、前作は必読。リアル派の方から見ると「こんな事は物語の中だけ」と批判を受けそうな感じだが、やっぱり小川節が炸裂する。これはこれで、ありかもしれない。特にモリカゲさんの故郷でのやり取りには胸が熱くなった。

一方、リアルな話もある。夢いっぱいな事だけでは現実は語れないということか。伏線だけ張った感のあるエピソードもあるし、続々編に期待。

不作の今年の中で、救われた一冊(シリーズ)だった。
posted by 灯台守 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181928831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック