2017年09月16日

旅のラゴス 筒井康隆

旅のラゴス 筒井康隆 1986年徳間書店、徳間文庫を経て現在は新潮文庫

架空の異世界、もしくは未来(過去?)の地球かもしれない天体での短編連作。ラゴスの放浪の旅に私たちは誘われ彼の一生を体験する。冒頭から、がっつりつかまれる。転送のシーンはなんとも言えない。つかみはOKな感じで始まる。科学的というよりファンタジックなお話を紡ぎつつ文明批判と人生の在り方を押し付けない形で語られる。
目次は、以下の通り

集団転移 冒頭・テレポテーション
解放された男 閉じ込められた男と永遠の乙女、デーデ
顔 顔を描く。顔とは何か。
壁抜け芸人 物質透過。通り抜け
たまご道 竜の徘徊と異生物描写、そして奴隷狩り
銀鉱 奴隷と鉱脈採掘。
着地点 文化の遺産
王国への道 過去の文化の再発見と二人の女性、王国化。
赤い蝶 再び、デーデの里へ
顎 再び、奴隷化
奴隷商人 奴隷になりながら故郷へ。そして開放。
氷の女王 故郷の文明化、そしてデーデへのあこがれ。

これと言って、盛り上がりがあるわけでもなく、ドラマチックな展開があるわけでもないが、「人の一生は旅」という感覚がさりげなくポンと提示された感覚の本である。
posted by 灯台守 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181012449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック