2017年07月10日

荒神 宮部みゆき

荒神 宮部みゆき 朝日新聞出版
すでに文庫化されているらしい。(新潮文庫)

時は江戸時代初め。東北の山間にある隣り合うに二つの藩の境界あたり、ある村が壊滅的な状況となっていた。生き残りは少数で、その一人の少年・蓑吉は隣の藩の集落に助けられる。一方、香山藩の病みついた小姓・直弥は、藩の世継ぎの奇怪な病の状況に影響されしばらく身を隠すことになる。山に向かった彼は、想像すらしなかったモノに出会う。この元凶は何か。山神の使いか人の悪意か・・・

宮部さんの江戸時代ファンタジー。キャラクターの立て方は、さすが宮部さんで上手い。少年・蓑吉などは、好感が持てて、なかなか良いです。若干ステレオタイプの感じがしないでもないけど・・・
さて、肝心なストーリーは、名手だけあって破綻なくたたんでくれ、複線の回収もきっちり行ってくれる。ただ、面白いんだけど、全編を通じて重い空気感があるのはなぜか。宮部ファンタジーは手堅く、破綻もなく、エンターテイメントしてくれて、外れはないのだけれど、大当たりにはならない。不思議・・・

宮部さんファンにはお勧め。でも過剰な期待はするべからず・・・と記載しておこう。

posted by 灯台守 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180298000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック