2017年06月04日

月刊キャッツ 6月 6/3 1F D20

月刊キャッツ、13回め。今回は、一階D列20番。前から2列め、ど真ん中。この近距離だと、あらたな発見多数。やっぱりキャッツは奥が深い。クロールタイガーの眼帯は、どこから取り出すかとか、あの肩はどうなっているか、近距離だと分かる・・・

今回も藤原加奈子シラバブ。かなりこなれてきました。タガーの時は、お兄さん猫と戯れていました。ちなみにシラバブはガスとジェリーロラムのときにも、オールドデュトロノミーに「構ってちゃん」しています。

そして3月以来の江畑グリザベラ。グリザベラが変わるだけで、印象が結構変わります。やっぱり江畑さんは踊れるグリザベラです。カーテンコールのラインでは、あのヒールの高さで頭以上に足が上がってます。素晴らしい。次は、7月中、一周年記念日を予定。

キャッツ 大阪
2017年6月3日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 江畑晶慧
ジェリーロラム=グリドルボーン 小林由希子
ジェニエニドッツ 花田菜美子
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 金 友美
シラバブ 藤原加奈子
タントミール 村上今日子
ジェミマ 円野つくし
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 片岡英子
オールドデュトロノミー 飯田洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 萩原隆匡
ラム・タム・タガー 上川一哉
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 高橋伊久磨
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 鈴木伶央
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179946165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック