2017年03月15日

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海はロン・クレメンツとジョン・マスカー監督作品。
生命の源である全能の女神テフィティのハートは半神マウイによって奪われ、世界に死の闇が広がってゆく。マウイは逃走の途中、マグマの悪魔であるテ・カァの襲撃に逢い、テフィティのハートを海の底に失ってしまった。その女神テフィティの心を返しに行くモアナの物語。

「アーロと少年」には草や自然の描写の素晴らしさがあったが、今作は「海」と「肌」だろう。特に海の擬人化は特筆するべき。見事としか言い得ない。それにイレズミの描写。素晴らしい。

話は王道。善と悪の結論の付け方としては、まずまず。モアナが何故、海に選ばれたか等の謎は残るが、話としては王道でしょう。
posted by 灯台守 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179104488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック