2017年01月25日

暗幕のゲルニカ 原田マハ

暗幕のゲルニカ 原田マハ 新潮社
本屋大賞候補作、二作目。
2001年9月11日 ユーヨーク近代美術館MoMAのキュレーター 瑤子は、通勤で地下鉄の出口から地上に出た瞬間、驚愕した。そこにはニューヨークの高層ビルが崩壊する様が展開していた。そして、それは最愛の夫、イーサンとの別れの情景となる・・・ その日から、彼女はピカソのゲルニカをニューヨークへ「奪還」する戦いを始めることになった・・・

かの名作、「楽園のカンヴァス」で見たことのある人も登場する本作は、原田マハさんのキュレーター経験をフルに活かした作品だろう。第二次世界大戦前夜のパリから始まり、パリ解放直後のピカソとゲルニカ作成過程を写真撮影したアダの話、現代の瑤子の話を交互に語りつつお話はクライマックスへなだれ込む。

ピカソはゲルニカに何を描いたのか、その願いはなんだったのか、現実と虚構を巧みに混ぜつつ私達の前にゲルニカを描き出す物語に胸打たれた。この分野では原田マハさんの右に出るものはない。独壇場だろう。
posted by 灯台守 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178545687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック