2017年01月25日

ツバキ文具店 小川糸

ツバキ文具店 小川糸 幻冬舎
恒例、本屋大賞候補作10作の連続読書の季節です。最初の一冊は、発表前に読んでいたこの本。

雨宮鳩子は、海外放浪生活を経て鎌倉に帰ってきた。先代=祖母の営んでいた代筆屋を継ぐために。文具屋を表の仕事として営みつつ、代筆屋として様々な依頼を受ける。絶縁状、借金のお断り、亡くなった父親に変わっての恋文等々・・・ 鎌倉の街並みに過ぎゆく季節とともに鳩子=ポッポちゃんは代筆屋として歩み始める。

大きな事件は起こらない。淡々と代筆仕事を受けて仕上げるポッポちゃん。少しづつ広がっていく周辺の人達との交流が、暖かで優しい。厳しかった先代の思い出を思い出しつつ、間に合わなかった自分を少しだけ攻めるポッポちゃん。そんな想いは自分の中だけにとどめ、受けた仕事に戸惑いながら進めていく。

事件も大きな転換も無いが、不思議に心あらわれていく。そして不思議な読後感を与えてくれる。裏のバーバラ婦人、昭和な男爵、あわてものみたいなパンティー先生。そして終りごろに登場するQPちゃんが可愛い。

周辺の人々が織りなすなかで、彼女が素直に立っているのが見えるような気がする。素敵な街、鎌倉を舞台に心がすっと落ち着く優しい物語だった。
posted by 灯台守 at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
久々に、灯台守さんの書評を読んだ気がします。
もっと、本の感想、載せてくださいよ。楽しみにしてますから。
Posted by 山本悦子 at 2017年02月05日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178545473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック