2016年08月23日

夜間中学へようこそ 山本悦子

「夜間中学へようこそ」 山本悦子・作 岩崎書店
山本悦子さんの新刊が、この本。岩崎書店は良い本を出すなぁ・・・というのが、第一印象。夜間中学という舞台を、持ってきた本を出す出版社魂に一票というところ。
Amazonで買うならここ
Amazonの書評が、なかなか良いので一読をオススメしておきます。ちなみに、☆5つ。

主人公は中学に入ったばかりの優菜。(あれ、坂の上の図書館の主人公とよく似ている・・・あっちは春菜)
入学して落ち着かない日々の中で、同居しているおばあちゃんが「夜間中学」とやらに行くと言い出す。一家は大騒ぎになって、息子であるお父さんは大反対。しかし、優菜が送り迎えのサポートをすることになるが・・・

山本悦子さんの学校ものは、やっぱり水を得たサカナという感じである。あの登場人物群もやり取りもリアリティがある。決して作り物で想像だけのものではない、実体験に裏付けされたモノが語る力がある気がする。物語の途中からは、孤立していた和真と優菜のやり取りにドキドキし、松本さんとの会話で泣かされ、大団円となっていくところは、さすが読ませてくれる。

義務教育という義務とは親の義務であり、子の義務ではない。子ども達にあるのは学ぶ権利なのだ。その権利は子ども達にだけ有るのではない。自らの勉強のために夜間中学へむかうおばあちゃんの背中は、優菜にとって、誇らしいものだったに違いない。

一読すれば、優菜や和真の成長物語であるが、もういちど「学ぶ」というものを考えなおす良いキッカケを与えてくれる本でも有る。子どもたちに「どうして勉強しないといけないの」と問われて答えに窮することが無いように・・・
posted by 灯台守 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176589953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック