2016年02月10日

柳家喬太郎独演会 2016年2月10日 京都アルティホール

昨年に続いて、喬太郎さんの独演会。京都まではちょっと遠くその上、朝の時点では松山にいた。朝は松山、昼は神戸、夜は京都。終演後神戸へ。

昨年の話は下記。
2015年の喬太郎さん in 京都

ネタは下記の通り。
仏馬    柳家喬太郎
金色夜叉  林家たけ平
そば清   柳家喬太郎
仲入り
ぺたりこん 柳家喬太郎

古典2席と新作1席。新作は得意の「不条理」ネタ。冴えない中年サラリーマンの手が机から離れなくなるというネタ。会社勤め、家族を支えるという哀愁が漂う噺だった。秀逸なのは題名で、終演後の掲示に「ぺたりこん」という題名を見て「ああ、ぺたりこん!」「あの噺がぺたりこん」とざわついていたのが喬太郎さんの凄さを表すかもしれないなぁ。京都まで見に行く価値がありました。
posted by 灯台守 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173895977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック