2016年02月02日

君の膵臓が食べたい 住野よる

君の膵臓が食べたい 住野よる 双葉社
たぶん処女作だからこそ、可能たらしめた作品。

ネタバレになってしまうので、あらすじが書けない。まあ、タイトルからして、人の生死が関わった話だということは解るだろう。敬愛する佐藤さとるさんは「私は人の生き死にの話は書かないし書けない。」とおっしゃっていたハズ。だからこそ、初めての作品だからこそ、書けるものがあるのだろう。

本読みとしてスレた私はうがった見方をするが、若い世代、特にこの本の主人公と同世代には読んで欲しいかもしれない。良し悪し/出来不出来を別にしても、巨大なテーマととっくんだ作者に敬意を表して真摯に読むべき本だろう。
posted by 灯台守 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173329012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック