2015年09月13日

インビジブルレイン 誉田哲也

インビジブルレイン 誉田哲也 光文社文庫
ストロベリーナイトから続く、シリーズ第一部終了ともいえる作品。不可解な上層部からの指示、玲子の独断からすすめる操作上に浮かぶ容疑者の姿。そして、彼女が惹かれる一人の男性。複数のストーリーが結実した後、やりきれない思いが残る。

巧みな構成と、描写力でぐいぐい読者を引っ張っていくのはお得意だろう。そして、伏線が収束していくのは読者としてたまらない。しかし、行き着く先は救われない気もする結末。

まずは、一部完了という感じ。シリーズで出てきたメンバーで気になる人もいるし、短編集で出てきた話もある。第二部は、現在、3冊は出ている。楽しみに読みたい。

posted by 灯台守 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163504809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック