2015年04月08日

ばいばい、アース (1) 理由の少女 冲方丁

ばいばい、アース (1) 理由の少女 冲方丁 角川文庫
異世界の話。地上に有るのは、明日種の人型の生き物たち。その中でただ一人、牙も毛皮もなく、のっぺらぼうの少女、ラブラック・ベル。彼女は〈唸る剣〉ルンディングを携え、己の存在意義と同種を探してノマド=旅の者を目指す・・・。

特異な世界観をどう捉えるかが、難しい本。なかなか慣れないために途中で投げ出す人も多いのではないか。剣が植物から生まれ、音楽でいろいろな物を修理したり成長させたりする世界観は面白く引き込まれたら止まらない。また、圧倒的なバトルシーンの描写は物語の疾走感をさらに拡大する。

全4巻。まだまだ楽しめそう。
posted by 灯台守 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118451506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック