2015年03月16日

機龍警察 自爆条項 <上> 月村了衛

機龍警察 自爆条項 <上> 月村了衛 ハヤカワ文庫

期待のシリーズ、二作目。
イギリスの外交官の来日に合わせてテロリストの動きが活発化した。密輸嫌疑の臨検でいきなりの発砲と犯人の自殺。どうも装甲機兵を密輸していたらしい。その裏には、アイルランド独立紛争があった。その独立戦争のテロリスト集団IRFは、そのイギリス外交官を日本で葬ろうとしていた・・・

その独立紛争を展開するIRFからの離脱者であるライザ・ラードナー彼女の過去と現在を描きつつ、特捜部の捜査を平行して描く。

緊迫したまま、下巻へ続く。
posted by 灯台守 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115381972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック