2015年03月17日

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパーは、クリント・イーストウッド監督作品。ブラッドリー・クーパーが主演。
実在し、イラクへの四度の派遣によって160名以上を射殺した伝説のスナイパーであるクリス・カイルの自伝にそって作成された映画である。そのエンディングは復員兵の社会復帰のサポートを実施していた彼が元兵士によって射殺された後の追悼式で締める。

非常に重い映画である。戦争映画でありながら、反戦の精神を深く沈めつつ米国への愛も描かれている。この主張をどうとらえるか、見る人の考えに委ねられていると思われる。エンディングは印象的で、彼の追悼式が終了した後、無音でエンドクレジットが終了する。その間、観客はクリスカイルの人生と向き合うことになる。そして何を思うか。それはあなた自身に問いかけるべきだろう。
posted by 灯台守 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115254939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック