2015年03月11日

イン・ザ・プール 奥田英朗

イン・ザ・プール 奥田英朗 文春文庫
なんというか、独創性と天然の混合いや混濁した「精神科医 伊良部一郎先生」デビュー。

収録は下記五篇。
イン・ザ・プール (水泳依存症)
勃ちっ放し (陰茎硬直症)
コンパニオン (被害妄想)
フレンズ (携帯依存症)
いてもたっても (強迫神経症・不安)

なんともはや・・・というのが正直な感想かもしれない。伊良部先生は、ちっとも治療する気なんて無いのだから。一貫して「注射がしたい」いや「注射をしている所を見たい」だけだったりする。来る患者は、それぞれ精神疾患を抱えているようだけれど、皆さん伊良部先生の名(迷?)治療で回復する・・・。(本当?)

( )内は、私が勝手に分類した症状。この本、記念すべき伊良部先生のデビュー作。伊良部先生は私の中ではパタリロと彦摩呂さんが合体したような形で現れる。フォルムは彦摩呂さんだけど性格はパタリロかもしれない。

久々のスマッシュヒット作。
posted by 灯台守 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
私もだいぶ前に読みました(^^)
パタリロと彦摩呂のフォルム、ぴったり!
合致しすぎて笑っちゃいました♪
Posted by Nature at 2015年03月12日 09:08
こんにちは♪

ホント、パタリロと彦摩呂のフォルムは自分でも納得?のたとえです。(笑)

みんどくの次回「直木賞読書会」が空中ブランコですね。
Posted by 灯台守 at 2015年03月13日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114969970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック