2015年03月07日

朱唇 井上祐美子

朱唇 井上祐美子 中央公論新社 中公文庫

「本おや」の店主さんから中国つながりでオススメされた本。井上祐美子さんは初めて。
中国の妓女を描く連作短編集

朱唇
背信
牙娘
玉面
歩歩金蓮
断腸
名手

どの作品も、女性の美と健気さと芯の強さ、そして心意気を感じさせる。

森福さんとは一味違ってファンタジー色はあまり無いが、中国の華麗な世界と女性の強さと弱さを相包含したものを感じさせる名作短編集。
posted by 灯台守 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114819909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック