2015年03月08日

はじまりのうた

はじまりのうた
一応、今年のアカデミー賞ノミネート作品。ジョン・カーニー監督、キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ主演。音楽の魔力を感じさせてくれる素敵な一遍。

グレタ(キーラ・ナイトレイ)は、恋人の曲が映画の挿入歌に選ばれメジャーデビューに付いてNYにやってくる。しかし、彼は契約先のミュージックプロダクションの社員と恋仲になって振られてしまう。そんな彼女を励ますべく旧友がライブに誘い出し、一曲歌うよう舞台に引き上げられる。その歌を会社と喧嘩別れしたばかりのダン(マーク・ラファロ)が聞きつける・・・

ご都合主義も、予定調和も消し飛んでしまうのが音楽かもしれない。主題歌のLostStarsを歌うキーラ・ナイトレイの声がまだ耳に残っています。恋人とのその後は、どうなったか。ダンと奥さんのその後はどうなったか、そもそもキーラの今後は・・・。気になることはいっぱいありますが、全部ひっくるめて花火のように打ち上げたような余韻が残っています。

幸せな時間をくれて感謝の映画でした。
posted by 灯台守 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114817696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック