2015年02月11日

繕い裁つ人

繕い裁つ人は、三島有紀子監督作品。中谷美紀、三浦貴大 主演。
オール兵庫(神戸)ロケの作品。でも東京のシーンもあったような。

主人公の南市江は、祖母の洋裁店を引き継ぎ、その仕立直し・修繕を基本としている。時には、祖母のデザインをベースにした洋服も昔からの付き合いのある店には出しているが、「生活のため」と公言してはばからない。そんな彼女の服に惚れ込んだ大手デパートの藤井は彼女にブランド化を勧めるが・・・

大きな事件が起こるわけでもなく、最後にきっちりしたものが提示されるでも無いが、何故か心に残る。主役の中谷美紀は、ここ数年芸達者になった。脇を固める余貴美子や黒木華、片桐はいりも良い。
何より、三浦貴大が下手では無いことを再認識。

洋服を巡る環境、歳を経ることへの関わり方を、それとなく、押し付けがましくなく展開する映像に惹かれる作品だった。

posted by 灯台守 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113550391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック