2015年01月20日

ラプソディ<上> エリザベス・ヘイドン

ラプソディ<上> エリザベス・ヘイドン ハヤカワFT文庫
全三部作、文庫本で6冊、3000ページ以上のファンタジーの第一巻。

ラプソディは、歌い手で元娼婦。過去に客として来た男に追われ、逃げ出すが追っ手に捕まってしまう。そこを助けた異様な男二人。三人は逃亡の旅を共にするが、巨木の根本にあった扉を開けて地下への旅の先にあったのは・・・

魅力的なキャラクターと独特な世界観が提示される冒頭である。翻訳物にある読みにくさをクリアしつつ、徐々に物語の世界へ没入していくのは心地よい。第一巻は、まだまだ「ご紹介部分」というところか?
posted by 灯台守 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112342749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック