2014年11月21日

アキハバラ@DEEP 石田衣良

アキハバラ@DEEP 石田衣良 徳間文庫
池袋ウエストゲートパークの秋葉原版かとおもきや、最後はSFで〆るエンターテイメント。

各々が病気を抱えるオタクな男性三人。とあるコスプレ喫茶のアイドルと知り合い共通のWEBページマスターに助けられたことを共有する。彼らに二人を加えて立ち上げた会社「アキハバラ@DEEP」は、ネットを通じてAI型検索エンジンを公開するが・・・

黎明期のネット環境を彷彿とさせる背景描写が懐かしかった。今や、それを越える状況になっていると思われる。PCではなくモバイルツールの世界。

ご都合主義と予定調和のストーリーと言えるとの批判もあるが、ネットとコンピュータと集合知のあるべき理想的姿を描く小説として評価したい。まあ、ストーリーは結構杜撰だが。
posted by 灯台守 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105852231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック