2014年10月09日

シロガラス(1)パワーストーン 佐藤多佳子

シロガラス 1 パワーストーン 佐藤多佳子 偕成社
久方ぶりの佐藤さんの本。しかもファンタジーと来ました。三ヶ月連続刊行とか。当分楽しめそうです。

昔ながらの風景を持った白烏神社。その宮司の孫である藤堂千里は、神社に伝わる古武術を学ぶ少女であり、例大祭では3人一組、二組で踊る奉納舞の舞手でもある。例大祭の夜、神楽の剣士をつとめたあと、めずらしくうたげの席によばれる。来年以降の神楽舞を、千里の学年(五年生)の六人で行う提案があった。しかし、そのメンバーの中には・・・

ファンタジーとのことだが、一巻目はほぼリアルである。まあ、リアリティの名手、佐藤さんなので、それはそれなりに引き込まれる。そして最後の最後に・・・というところ。来月の2巻目が待ち遠しい。
posted by 灯台守 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104347107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック