2014年09月23日

舞妓はレディ

「舞妓はレディ」は、ご存知周防監督作品。主演は、オーディションで選ばれた上白石萌音ちゃん。共演は、長谷川博己、富司純子、田畑智子、それから監督の奥さんの草刈民代。

鹿児島に10年、津軽に6年暮らしていた西郷春子はインターネットのブログを見て京都・八軒橋のお茶屋・万寿楽に押しかけ入門を乞う。鹿児島弁と津軽弁の双方をネイティブにしゃべる彼女を舞妓にできるかどうかで、「到底無理」と呉服問屋の店主・北野織吉は言うが、言語学教授の京野法嗣は舞妓にしてみせるという・・・

まさにマイ・フェア・レディの本歌取り。元ネタを知っていると三倍楽しい映画になっているミュージカル映画。でも歌唱力は今ひとつ。それを補う心遣いというか、コメディ要素てんこ盛りでしょう。

なお、冒頭のシーンは、富司純子ファンにはたまらないでしょう。そうそう、上白石萌音ちゃんの妹もなかなかかわいい。JAのCMに出ている子でした。
posted by 灯台守 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103886476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック