2014年09月12日

テディベア探偵 1&2 山本悦子

テディベア探偵 1&2 山本悦子 ポプラポケット文庫
一気に2冊ご紹介。

主人公の相田凛は小学校五年生の女の子。お母さんは、小学校一年生の時に重い病気で亡くなってしまったので中学校の体育教師をしているお父さんと二人暮らしをしています。お父さんは一人娘の凛を溺愛するあまり、すべての面倒を全力で見ていますが、選ぶ服のセンスがあまりに悪くて、凛を困らせていました。そんな時、近くに住んでいる陽子さん(実は、凛のおばあちゃん)から呼び出しを受けて商店街を抜けようとしたら、新しいお店「MUSUBU」を発見しました。「MUSUBU」はおしゃれな古着屋さんでしたが、古い可愛い物も扱っていて一匹のくまのぬいぐるみがありました・・・。

「ポケねこ」完結後の新しいシリーズ。テディベア探偵と銘打っているけどミステリ色は薄いかも。ちょっとした謎解きはありますが、謎解きというより「モノ」に関わるいろいろな話が展開するようです。マンガで言えば、波津彬子さんの「雨柳堂」シリーズの可愛いバージョンといいますか。

シリーズ第一作は「アンティークドレスはだれのもの」、第二作は「思い出はみどりの森の中」ということで、小学生高学年向けの楽しいワクワクの冒険談です。人形がしゃべるというアイデアは新しくありませんが、どうも伏線らしい設定がちらほらあって、楽しいです。巻を重ねるに連れてどう利用されるか・・・などと、小学生読者なら絶対考えないことを、考えつつ読み進めます。登場するキャラクタはしっかり練られていて魅力的でもあります。物語の楽しさを教えてくれる良いお話でしょう。

まあ、ぬいぐるみの「マックス」が探偵役なら、凛ちゃんはワトソン役でしょうか。でも「ダンソウノレイジン」にハマっている親友の志村萌花ちゃんもいるので、今後の展開に注目のシリーズです。
posted by 灯台守 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 児童文学
この記事へのコメント
「テディベア探偵」の作者の山本でございます。ご紹介ありがとうございます。
「ものにも思いがある」というのがベースで書いています。最終巻では、マックスの謎が解ける予定です。…が、解けなかったらどうしよう。
これを書くに当たり、名古屋のアーケード街、大須商店街に取材に行きました。大須には「日本で一番儲からない」大須演芸場なんてのもあるんですよ。(去年つぶれたんですが、また復活するらしいです)読者の方は、「大須商店街」を頭に浮かべながら呼んでくれるといいなあと思っています。
Posted by 山本悦子 at 2014年09月16日 17:07
山本さん、こんにちは。

おお、著者降臨でございます。ぜひ、マックスの謎が解ける迄、書き続けていただきたいものです。

ちなみに、「ダンソウノレイジン」にハマっている親友の志村萌花ちゃんが、相当気になります。関西に住み、阪急電車に乗ると必ずあります。タカラズカのポスター・・・。まさに「ダンソウノレイジン」だらけです。
Posted by 灯台守 at 2014年09月22日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103652559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック