2014年08月21日

生首に聞いてみろ 法月綸太郎

生首に聞いてみろ 法月綸太郎 角川文庫
久方ぶりの法月作品だった。さすがの「このミス一位」。やっぱりミステリとしては傑作かも。

彫刻家・川島伊作が死期を悟って作り上げた石膏像。その密葬の前後で彫像の首が切り取られて無くなっていた・・・。盗んだのは誰か、その目的は。彫像をめぐる美術的な謎も絡み、法月は奔走する。

冒頭からの謎として「なぜ彫像の首を切り取って盗んだのか、その目的はなにか」という提示がある。そこに向かって、いくつもの複数の伏線が張り巡らされ見事に回収されていく。「驚愕の事実」は無いかもしれないが、パズルゲームの最後のピースを嵌めていくような感動がある。ミステリとしては傑作だが、物語としては少々弱いかもしれない。

なお、古くからの法月ファンとしてはお約束の父親の警視とのやりとりは、ちょっと懐かしい感覚があった。
posted by 灯台守 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102600035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック