2014年07月29日

本屋さんのダイアナ 柚木麻子

本屋さんのダイアナ 柚木麻子 新潮社
ダイアナは自分の名前がキライだった。外人でもないのに、この名前で、「大穴」と書いてダイアナと読ませること自体恥ずかしくてたまらない。母親は歌舞伎町のキャバクラに勤めるティアラ。16歳で彼女を生んだ母はまるでヤンキーのようであり、自分とは相容れない。ただひとつの楽しみは本を読むこと。そんなダイアナに出来た親友の彩子も本好きのまじめな子。両親も良質を目指し華美を好まない。父を知らないダイアナには理想の親子だった。

ダイアナと彩子の20年近い時間の流れを交互に書き記して行く。時折登場する本の名前がうれしい。「ぐりとぐら」から「父の詫び状」向田邦子、「嵐が丘」まで多種多様である。時の流れに人生を踏み出す二人の少女はやがて容赦ない世間という激流に一歩踏み出す。それぞれの両親という枠を乗り越えて。

好対照の二人は不思議な縁で結ばれている。ご都合主義かもしれないが、それなりの説得力を持って迫ってくる。女性の強さと弱さを淡々と語っている。しかし、男性陣は印象薄いなぁ。なんともはや。まあ、両ヒロインが魅力的で一気に一日で読了。
posted by 灯台守 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102013030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック