2014年07月07日

All You Need Is Kill

ダグ・リーマン監督作品。主演はトム・クルーズ。
原題は「Edge of Tomorrow」らしいが、邦題は日本語の原作どおりとなった。

「ギタイ」と呼ばれる異星からの侵略とたたかう統合軍。そのヨーロッパ前線に米軍の広告担当少佐のウィリアム・ケイジは、戦線の撮影に赴くが、二等兵として前線に送り込まれてしまう。そして初の戦いはギタイの奇襲に遭遇し、あっという間に全滅する。そして気がつくと二日前の前線基地に送り込まれたところに戻っていた・・・。

原作の感想はこちら。
All You Need Is Kill 桜坂洋 スーパーダッシュ文庫

原作と同じなのは、異星人からの攻撃と時間がループするという所くらい。あとは主人公の名前くらいか。あの結末が原作の良いところなのに、さすがハリウッド。すっかり変えてしまった。

映画をみてから原作を読むと、まったく違う感想が得られるでしょうね。
posted by 灯台守 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101439260
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック