2014年06月29日

超高速!参勤交代

超高速!参勤交代は、本木克英監督作品。土橋章宏が審査員全員満点という快挙で城戸賞を受賞した脚本の映画化。佐々木蔵之助、深田恭子、上地雄輔らが主演。小説版の感想は、下記urlで
http://l-h-keeper.sblo.jp/article/86592798.html

時は、八代将軍吉宗の時、一万五千石の小藩である湯長谷藩に隠し金山の疑いがかかる。そのため「五日以内に登城しなければ即御取り潰し」という使命が下った。江戸まで六十余里。果たして、たどり着けるのか?

正直、原作の面白いところを時間の関係で端折っている部分もあり、若干期待はずれの部分もあったが、主役の佐々木蔵之助が奮闘していた感がある。脇の俳優も芸達者な方、ジャニーズ事務所等々取り揃えてにぎやかで面白い。

正確な時代劇より楽しめる時代劇を選択したスタッフは正しいかもしれない。最後の将軍と小国大名の会話などは、現実的には不可能だが架空の話として存分に楽しめる。まあ、映画館というよりもDVDで良いかも。
posted by 灯台守 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100801274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック