2019年03月14日

WindowsUpdate 備忘録

方法 1 : Windows Update トラブルシューティングツールを実行する

以下のアドレスをクリックし 「ファイルを開く」 をクリックします。
http://go.microsoft.com/?linkid=9830262
ダイアログに従ってトラブルシューティング ツールを実行してください。

方法 2 : BITS トラブルシューティング ツールを実行する

以下のアドレスをクリックし 「ファイルを開く」 をクリックします。
http://download.microsoft.com/download/F/2/2/F22D5FDB-59CD-4275-8C95-1BE17BF70B21/BITSDiagnostic.diagcab
ダイアログに従ってトラブルシューティング ツールを実行してください。

方法 3 : システム更新準備ツール / DISM コマンドを実行する

Windows 8.1 の場合 

デスクトップ画面の左下にある [スタート] ボタンの上で右クリック > [コマンドプロンプト (管理者)] をクリックします。
表示されるプロンプト画面に以下のコマンドを入力して、 Enter キーを押します。
コマンドの処理を完了するまでしばらく時間がかかります。
dism /online /cleanup-image /restorehealth

方法 4 : システム ファイル チェッカーを実行する

コマンド プロンプト を管理者として開きます

Windows 8.1 の場合 :
デスクトップ画面の左下にある [スタート] ボタンの上で右クリック > [コマンドプロンプト (管理者)] をクリックします。

表示されるプロンプト画面に以下のコマンドを入力して、 Enter キーを押します。
コマンドの処理を完了するまでしばらく時間がかかります。

sfc /scannow

方法 
1.administrator権限でコマンドプロンプト起動

2.各種サービス停止
net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver

(すでに停止しているメッセージはOK。)


3.引き続きコマンドプロンプトからupdateに必要なファイルをリネーム
ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old


4.各種サービス開始
net start wuauserv
net start cryptSvc
net start bits
net start msiserver

(すでに開始しているメッセージはOK。)


5.PC再起動
posted by 灯台守 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン