2019年01月27日

さざなみのよる 木皿泉

さざなみのよる 木皿泉 河出書房新社

本屋大賞候補作 3冊目

木皿さん、二冊めのご本らしい。NHKドラマの前日譚から始まる。

ドラマでは小泉今日子さんが演じる小国ナスミの亡くなるところから夫・日出夫の後妻・愛子の子の光が60歳を超えるまで、さまざまな視点から「生と死」を鍵に短編でかたり次ぐ連作集。死を描く話は暗くなりがちだが、本作には妙な明るさがある。死を描くということは、その裏側である生を描くことにもなるという事を明確に指示している。ただでさえ、気に難いこの世間をどう生きていくか、ナスミは短い人生の中で残された人々、さらにその後の人たちにも語っているような気がする。

冒頭、ナスミが亡くなるシーンから始まり、姉妹や夫の話が続くが、ナスミの同級生や職場の同僚の話など、語り口と話の切り口が素晴らしい。特にダイヤモンドの話が秀逸。

大賞をとっても不思議ではない作品。現状、一押し。
posted by 灯台守 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) |

そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ

そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ 文藝春秋
本屋大賞、二冊目。

瀬尾さんの本には、悪人が出てこない。多少、根性が曲がっている風の人は登場するが、根本的には普通の善人の誤差の範囲だと思う。本作も、トリッキーな設定ではあるし、無理無理感が否めないが、やっぱり、その基本線は揺るがない。三度苗字が変わって、父親が三人、母親が二人いるという森宮優子さん17歳が主人公。その性格の良さは、不可解といえるだろう。しかし読み進めるにつれ、当たり前に感じている親子関係に疑問を読者は抱く。「私たちが親子・家族と思っている関係って何だろう?」と。それぞれの登場人物が、それぞれの立場で成長していく様が、淡々と描かれる。読む私たちも、一緒に成長しているだろうか。振り返って反省しきり。
posted by 灯台守 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) |