2018年05月06日

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング』(Pacific Rim: Uprising)は、2018年公開のSF怪獣映画。2013年公開の映画『パシフィック・リム』の続編であるが、諸処の事情により、ギレルモ・デル・トロは監督から降板し制作支援に回った。スティーヴン・S・デナイトが監督をした。

前回の怪獣襲来撃退後、10年。正体不明のイェーガーが襲来し防衛軍は打撃を被る。このことは、中国の企業が提供する無人イェーガー配備の促進につながったが・・・

前半は、有人のイェーガー対、正体不明のイェーガーの戦闘に終始し、後半はイェーガー対怪獣となる。なかなか楽しめるが、前作の怪獣対イェーガーのアクション程ではなかった点が残念。

面白いが、二番煎じになってしまった感は拭えない。残念。
posted by 灯台守 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

月刊キャッツ 5月・2回目 5/5 1F F20

月刊キャッツ 27回め 残り2回最後の大阪キャッツ観劇・・

中央ど真ん中で見た最後の大阪キャッツ。次の大阪キャッツは10年後かも。
同じ舞台を27回も見るか?と何度言われたか。(そう思われただろうか)
舞台は、ただ一度のものであって、二度と同じ舞台は無いと思う。まったく
同じ視点もないし、同じ観客もないし、さらに言うと同じ演技はない。

キャッツはほとんどストーリーは無い。それぞれの猫の生きざまを
感じ取れるかどうかという点に尽きると思う。

もったいない感じがするけど、中央でフィーチャーされる猫を無視して、周辺の
猫たちダケを見た回もあるし、一匹の猫に焦点を当てて見たこともある。
ふと過去の猫たちがダブルこともあった。

約1年9か月のジェリクル達に感謝したい。

キャッツ 大阪
2018年5月5日(夜)公演  大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 相原 萌
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 江國冴香
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 河上知輝
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ