2018年05月01日

アベンジャーズ/インフィウニティ・ウォー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(Avengers: Infinity War)
2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の続編となるシリーズ第3作。監督は、ご存知、ルッソ兄弟。

アスガルド滅亡の直後、新天地として地球に向かっていたソー率いるアスガルドの民を乗せた宇宙船が襲われ、乗船していた人々の半数が虐殺される。虐殺したのはタイタン人の魔人サノス。彼は宇宙をつかさどる6つのパワーストーンを集めていた。そのうちの2つは、アベンジャーズが持っているため、サノスは地球を目指すが・・・

全編、見逃してよいシーンは無いほど濃密な展開が続く。アベンジャーズ2のメンバーはもちろん、ミスター・ストレンジ、ブラックパンサーやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーも参戦しバトルが展開される。VFXの発達もすさまじい。10年前には作れなった絵なんだろうと推測できる。また、個性的なヒーロー達の芸達者なことにも驚かされる。あっという間の150分であり、長さが気にならない所も感心する。

結局、次作への振りが大きいが、いつもの追記的な予告が非常に気になる。赤と青の紋章は・・・(以下自粛)

いやぁ、マーベルは見逃せない。
posted by 灯台守 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画