2018年04月26日

犬は勘定に入れません ―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス

犬は勘定に入れません ―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス 早川書房

思いっきり安かったので、文庫ではなく単行本で購入した。もちろんAmazon中古本ですが、状態も良く、帯付きでお買い得感があった。

タイムマシンが発明された21世紀。オックスフォードの史学科の学生、ネッド・ヘンリーは1888年へ行きコヴェントリー大聖堂にある主教の鳥株(ビショップズ・スタンプ)と呼ばれるヴィクトリア朝の花瓶を調べることになる。しかし、過去から持ち込めないはずの猫の謎や、到達した地点でのドタバタ騒ぎで、時空の矛盾を発生させないための奮闘が始まる・・・。

第二次世界大戦中の空襲から始まったかと思うと、ヴィクトリア朝のテームズ川のボート旅に話は移って、ヴィクトリア朝時代の中産階級の生活描写が続く。あちこちにユーモアたっぷりな描写が続き、コミカルでウィットにとんだ文章はページをめくる手も進む。しかし、ネッドは寝不足に襲われ、歴史上の矛盾点は解消しようとすればするほど、話は複雑になっていく。

最大の焦点は、ミステリファンなら、まずは推測が付くかな・・・という感じ。でも、その周辺に貼られた伏線は見事としか言いようが無い。最終100ページの展開はもう止まらない。あっと思うところに伏線が張ってあり、単純な話と思っていた裏側には想像していないモノがあって素晴らしい。

タイムトラベルものの定番と思いきや、思った以上のバリエーションに発展するストーリーは、さすが多数の賞に輝く作品といえるだろう。

posted by 灯台守 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2018年04月22日

月刊キャッツ 4月・2回目 4/22 2F A36

月刊キャッツ 25回め
さすがに2Fの端っこなので、猫さん握手は無し。
独特な視野感・・・二度目は無いけど。

ラストの感謝トークショー。四季の会員(知人OK)の500人限定だったそうだ。
全員トーク出演は凄い。初めてでしょうね。
質問タイムに、すかさず手を挙げた。シラバブの黒柳さんと直接質疑応答!
「シラバブって、タガーの時にする一人遊びのうち、好きなモノは何ですか?」
「今は、カンテーレ君と遊ぶのが面白い」
とのことでした。
遠慮してたら、前には進まない。

# あと13回らしい。11回目と12回目を見る予定。

以下、おまけの写真。こんな展示がありました。写真撮影可でした。
2018-04-22 15.36.19.jpg

キャッツ 大阪
2018年4月22日(昼)公演  大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 相原 萌
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 江國冴香
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 河上知輝
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年04月18日

月の影 影の海〈上・下〉十二国記 小野不由美

月の影 影の海〈上・下〉十二国記 小野不由美
久方ぶりに再読。出版元は講談社・ホワイトハート文庫から講談社文庫、その後新潮文庫へ。
版元は変わりつつも、イラストは山田章博さんが書き続けているのは有難い。

「月の影 影の海」は、十二国記の「十二国記が舞台の」最初の一冊。

中島陽子は普通の高校生。ある時、不思議な男が現れ彼女に言う。「お迎えに上がりました。」と。ケイキと名乗る彼が操る妖魔に乗り彼女は異界へ飛ぶが、別の妖魔に襲われる。かろうじて逃れた彼女は、見知らぬ世界をさまようことになる。彼女は何者なのか、元の世界に帰れるのか。

壮絶なストーリー展開である。上巻は、ほぼ逃走劇に終始する。妖魔に襲われ、食べ物もなく、巡り合う人にも騙される。リアルである。飢えた彼女の描写も、なかなか真に迫っている。だからこそ、後半のリアルさが増してくる。

今週末、読書会である。十二国記を愛する方々がどのようなとらえ方をしているのか、楽しみである。
posted by 灯台守 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月08日

本日は、本屋大賞候補読書会。

本日は、本屋大賞候補読書会。今回が5回目で、私は4回目の出席。(ということは、神戸に来て6度目の春)

今年は、かなり水準が高い10冊だと思う。ミステリーとミステリー的な話が4つ、エンターテイメントとエンターテイメント寄りの本が5冊、純文学系が1冊と私はとらえている。

本格的なミステリーというより、トリッキーなミステリーがほぼ100%ですが、ミステリー4冊は、それなりに面白い。エンターテイメントな5冊も癒し系の話が多い印象を受ける。

読み手により、印象は変化するということを改めて理解できるこの読書会は、本屋が何をどう売ろうとしているか汲む事が出来る貴重なイベントに引っ掛けたイベントではあるけど、それはそれで楽しい。新たな作家との出会いもあるし、同一の本をどう読み解くか、その切り口に感心してしまうこともしばしばある。

来年を思いつつ、大賞受賞は何か思いやることにしよう。「読書は消えない」ということを祈念して。
posted by 灯台守 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年04月07日

月刊キャッツ 4月 4/7 1F L12

月刊キャッツ 24回め 二回目のシラバブ握手席。なんと最初!の握手。
L12から握手開始と、ここにきて初めて知る・・・

久方ぶりの黒柳さん。やっぱり可愛い。
ヴィクトリアは引木さん。いつ見ても美しいヴィクトリア。

キャッツ 大阪
2018年4月7日(夜)公演  大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 真瀬はるか
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 山崎遥香
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 江國冴香
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 正木棟馬
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 藤田光之
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 玉井晴章
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 河上知輝
カーバケッティ 照沼大樹
ギルバート 新庄真一
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年04月01日

BEASTARS 板垣巴留

BEASTARS 板垣巴留 少年チャンピオンコミックス
「マンガ大賞2018」で大賞にかがいた作品。少年チャンピオンコミックスを新品で買うのは、何時以来だろう・・・

知性があり、直立する肉食獣と草食獣が共存する世界の高校を舞台に本能・野生と理性に悩む様子を描く。さすがに大賞を受賞する作品で、読みごたえはあるし、いわゆる外見と内面の葛藤の話は分かりやすいが、この構成を考えたのは素晴らしい。

学園に君臨するリーダーが「鹿」というところがよい。悩む主人公は、ハイイロオオカミというのも良い。ハイイロオオカミは、はっきり言ってデカイ。ちょっとした犬ではない。そのハイイロオオカミが想像できると、この話の面白みがさらに倍増する。

現在、最新刊が7巻とのこと。7巻は売り切れで、6巻まで一気読み。なお、短編集もある。こちらも良いです。

なお、作者の方は、あの「バキ!」の板垣恵介さんの娘さんとのこと。
posted by 灯台守 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

たゆたえども沈まず 原田マハ

たゆたえども沈まず 原田マハ 幻冬舎
今年度の本屋大賞 候補作 10作目

1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー

といううたい文句の本。原田マサさんの絵画シリーズの三作目といえる。期待大で読み始めたが、なんかしっくりこなかった。そのまま最後までズルズルと続き終了。私自身がゴッホの絵があまり好きではないことが大きいのか、結末を知っているからなのか、(多分、双方の影響が・・・)

さすがに原田さんの筆の力は素晴らしく、読者を19世紀末のパリに連れて行ってくれる。ただ、読後感の寂しさはなんだろう。

さて、これにて10冊を読了。なかなか、大賞候補が難しい・・・
posted by 灯台守 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) |