2018年03月18日

冷たい方程式 トム・ゴドウィン 他

冷たい方程式 トム・ゴドウィン 他 ハヤカワSF文庫
SF読書会で課題本として選抜したけど、うっかり新旧2さつあることを知らなかった。
しかも、アンソロジーの内容が違う・・・

まあ、新旧二冊読めて良いかと。

冷たい方程式(2011年10月)ハヤカワ文庫SF1832 ISBN 978-4-15-011832-7
徘徊許可証:ロバート・シェクリイ
ランデブー:ジョン・クリストファー
ふるさと遠く:ウォルター・S・テヴィス
信念:アイザック・アシモフ
冷たい方程式:トム・ゴドウィン
みにくい妹:ジャン・ストラザー
オッディとイド:アルフレッド・ベスター
危険! 幼児逃亡中:C・L・コットレル
ハウ=2:クリフォード・D・シマック

以上、新版

冷たい方程式―SFマガジン・ベスト1 (1980年2月) ハヤカワ文庫SF380 ISBN 4-15-010380-1
接触汚染:キャサリン・マクレイン
大いなる祖先:F.L.ウォーレス
過去へ来た男:ポール・アンダースン
祈り:アルフレッド・ベスター
操作規則:ロバート・シェクリイ
冷たい方程式:トム・ゴドウィン
信念:アイザック・アシモフ

以上、旧版
posted by 灯台守 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

航路 上・下 コニー・ウィリス

航路 上・下 コニー・ウィリス ハヤカワSF文庫

読書会仲間の紹介です。かなりの長さですが、上巻のコミカルさ加減に油断していると、下巻で足を掬われる。上巻のテンポからすると、倍速以上の後半の畳みかける疾走感はハンパない。

マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっている心理学者のジョアンナが主人公。その病院は、経営者の意向で、臨死体験の研究を進めているが、なんとも問題なのは臨死体験に宗教を持ち込もうとするマンドレイク。彼は、臨死体験者に誘導的ともとらえられる質問を繰り返し、ジョアンナの邪魔をしていく。そんな中、彼女は、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生させ、その時の脳の活動を詳細に記録しようというのだ・・・

一歩間違えばキワモノの話になりそうな所を、最新科学的な雰囲気をまといつつ、読者をその気にさせてくれる。そして、主人公のジョアンナ、研究のタッグを組むリチャードのキャラは立っていてイメージしやすい。ある意味、邪魔ばかりするマンドレイクもユニークだし、心房細動で何度も臨死体験しているメイジーちゃんときたら、拍手物のキャラクターである。前半の臨死体験の描写は、それだけでワクワクするし、魅力的な謎解きもプラスされる。

そして、驚愕の2部ラスト。それから怒涛の一気読みとなる。気が付かないうちに、伏線も貼ってあり、見事に回収されているようだが、一読では気が付かない点も多数だろう。

いやはや、上下合わせて1300ページを超える本作、なかなかお勧めできない長さだが、それなりの魅力のある一作である。これだからSF読みはやめられない。
posted by 灯台守 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | SF