2018年03月05日

グラスホッパー 伊坂幸太郎

グラスホッパー 伊坂幸太郎 角川文庫

本屋大賞の候補作であるAX(アックス)は殺し屋が登場するシリーズで、グラスホッパーが第一作。なので、まずはこちらの感想から。

「鈴木」は、妻を交通事故で亡くした時から、その加害者をどうしても許せず、とある会社に潜入する。その加害者が、その会社のオーナーの息子であり、隙あれば・・・と思っていた。そして、鈴木は会社の上司の女性から「彼をどうにかしようと思ているでしょ」と言われ、責められる。その時、窓から見える交差点で、そのオーナーの息子が何者かに押され車に跳ねられる。同時にその様子を別のところから見ていた「鯨」という殺し屋がいた。その「鯨」を、ひょんなことから追う羽目になったナイフ使いの「蝉」を加えた三つ巴で「押し屋」を探すことになる・・・

なかなか個性豊かな殺し屋が登場する。自殺に追い込む「鯨」、ナイフを使いこなす「蝉」。双方とも、かなり個性的である。さらに押し屋と思われる男「槿」(ムクゲだがなぜか”あさがお”と名乗る)が、さらに個性的である。一方、「鈴木」は全く平凡で心もとない一般人である。この個性的な殺し屋たちと鈴木が交錯しながらストーリーが進む。押し屋だと思われる「槿」の家の場所を巡って行きつ戻りつの大乱戦が繰り広げられる。序盤は緩やかに進むが徐々に加速され終盤は一気に畳みかける展開である。

さすが伏線のキング、伊坂さんの面目躍如、この作品も「ああ、あれかぁ」と納得の話が続き最後まで飽きさせない。エンターテイメントの証である。
posted by 灯台守 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ