2017年10月02日

ドリーム

『ドリーム』(原題:Hidden Figures)は2016年にアメリカ合衆国で公開された伝記映画。監督・脚本 セオドア・メルフィ、主演 タラジ・P・ヘンソン。

ガガーリンが宙を駆け抜けたころのアメリカ・NASAのお話。それも黒人女性の話。

天才的な数学の能力をもつキャサリンを主人公に、三人の黒人女性のNASAでの奮闘を描く。当時の黒人の置かれた位置付けや待遇が過去の映像を効果的に混ぜることで、リアリティの増す演出となって迫ってくる。非白人用トイレが無く800mの距離をデータを抱えて走るキャサリンの姿が見に焼き付いている。

古参のIT技術者にとってみれば、IBM7000?のカードに打ち込まれたブートローダーを読ませて、メインプログラムをロードするシーンが印象的。

描かれる事象は、事実と異なる部分も多いそうだが、詳細な正確さを捨てて全体を描くこの映画は素晴らしい歴史・伝記映画となっている。
posted by 灯台守 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画