2017年08月29日

ウォーターシップダウンのウサギたち リチャード・アダムス

ウォーターシップダウンのウサギたち リチャード・アダムス 評論社 神宮輝夫・訳

読書会で新訳を読んだので備忘録として。

ヘイズルは生後1年の野ウサギ。弟ウダギのファイバーは、時々未来を語ることがあるが、その彼が今の群れの危機を予言する。そして、弟の言葉を信じた、彼は少数の牡ウサギと脱出を図る。見事、危機を脱した彼らは幾多の危機を乗り越え、新たな村を作るが・・・

ウサギの生態を踏まえ、見事な描写で語られるお話は見事な冒険ファンタジーとなる。牝のいない群れのためにヘイズルは将軍が率いる村から牝ウサギを奪取するが、もうドキドキの連続である。そして最後の戦いなど、あっという解決方法で読者を欺く。

しかし、なんと雄大で懐かしい風景の連続であることか。出版されて50年を迎えようとするこのファンタジーは、いまだに色褪せず、イギリスの風景とフサギ達を見せてくれる名作である。
posted by 灯台守 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2017年08月27日

月刊キャッツ 8月 8/26 1F M4

月刊キャッツ 7月 7/16 1F M4
月刊キャッツ、15回め。今回は、一階M列4番。安くて猫のサービスが満点な左サイド席。
もうたまりません。今回は、久方ぶりと初の登場の猫さんが多い。

松本グリザベラは初。木村さんとは、印象がちがうけど江畑さんほどの違いはないです。
聞き比べると、なかなかよい感じ。シラバブは黒柳さんが帰ってきました。やっぱり可愛い。タガーの時の一人遊びも面白い。ミストの解凍はしっぽを引っ張るパターン多し。

ヴィクトリアの引木愛さん、顔小さい!!タントの村上さんは華麗ですなぁ!!

2017年8月26日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 渡辺智佳
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 村上今日子
ジェミマ 松山育恵
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 片岡英子
オールドデュトロノミー 山田充人
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 田邊真也
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年08月06日

バベル九朔 万城目学

バベル九朔 万城目学 KADOKAWA/角川書店

祖父が遺し花親が引き継いだ古くてしがないテナントビル「バベル九朔」。主人公はその管理人をしながら小説家を目指していた。ある日、テナントビルに泥棒が入る。警察はとある写真を彼に見せるが、それは当日ビルに現れた黒ずくめの女だった。再度、ビルに現れ彼を問い詰める「扉はどこにある?」と。

五階建てのテナントビルを舞台に妄想と異世界と論理の崩壊が混濁するファンタジーといえる。今までのわかりやすい万城目ファンタジーとは違い、根底に流れる世界観/哲学を受け入れられるかどうかがカギ。一転二転する世界構築の背景を追っていける人は幸いなり・・・

私は、可もなく不可もなく。万城目さんへの期待は、もう少し高いかな?
よって、若干評価低め。
posted by 灯台守 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー