2017年07月08日

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花 メアリー・スチュアート 角川文庫

夏休みを田舎で暮らすことになったメアリ。退屈な日々に飽きていたある日、黒ネコのティブと出会い、不思議な花“夜間飛行”を見つける。庭にあったほうきに、夜間飛行の花の汁がつくと、突然ほうきは空高く舞いあがり、魔女の学校へと連れていかれるが…。

原作は、かつてあかね書房から出ていたが、絶版。今回、米林監督の映画化で復刊。普通の展開で、普通のストーリーかもしれない。魔法学校の描写は印象的で魅力的な感じを強く受ける。ただ、ファンタジーの大原則である「主人公の成長」に関しては薄い印象しか残らない。

それに対して猫のティブは非常に印象的。たぶん、ティブだけで持っていく感じがするな。
posted by 灯台守 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー