2017年05月14日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスは、ジェームズ・ガン監督・脚本作品。主演は、前回と同じ、クリス・プラット、ゾーイ・サルダナが主演。

前作でロナンを打倒し宇宙に名前が知れ渡った『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、ソブリン人、アイーシャの依頼で彼らが重宝しているアニュラクス・バッテリー関連の施設を怪物から防衛する仕事を遂行する。無事、怪物は撃退するがロケットがバッテリーをちょろまかした為、大量のリモート操縦戦艦に襲撃される。そこを正体不明の宇宙船に救助されるが・・・。謎の星、エゴでの壮絶な戦いの行方と宇宙の行く末は、ガーディアンズにかかっている。

今作のテーマは家族だろう。姉と妹、父と子を始め、スタローン演じるスタカー・オゴルドとクイルの養父ヨンドゥ・ウドンタの関係は兄弟と言って良いだろう。そして最大の敵が・・・とは。なかなか、ご都合主義な話になるが、それを凌駕する飽きない映像が続く。

そして何と言っても、グルートが良い。”I AM GROOT”としか言わないが可愛さ抜群である。最後の最後まで、はらはらさせてくれる可愛いキャラクタは、他のマーベルには無いと思う。そしてロケットも大活躍。アライグマの苦悩がそこかしこに微妙に描かれていて、ぐっと掴まれるものがある。

次回作の予告もしっかりあるし、お約束どおりの展開である。しかし、「エンドクレジット後にも映像がございます」と前フリがあっても出ていく人が存在するのは不可思議・・・
posted by 灯台守 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画