2017年04月03日

キングコング: 髑髏島の巨神

キングコング: 髑髏島の巨神は、2017年の映画。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督作品

第2次大戦末期、不時着したアメリカと日本の戦闘機。二人のパイロットは、戦いの最中、巨大な猿に遭遇する。それから30年弱。髑髏島と呼ばれるその島に、調査隊が入る。地殻調査のための爆薬に反応して、かの巨大類人猿=コングが登場し、上陸部隊のヘリコプターをすべて撃墜する。生き残ったメンバーは軍の一軍と傭兵にリードされる2グループとなり、共に島の北部のピックアップ地点に向かうが・・・

全編、これでもかって言うくらいの怪獣オンパレード。巨大生物がいろりろ登場するのはぞくぞくする。グロテスクなトカゲ風の適役キャラもいるし、バッファロー的なキャラは意外と凄烈で良い感じだった。
そして、お約束のラストの次作のお知らせが良かった。ゴジラ、モスラ、キングギドラ・・・
夢の四大怪獣大決戦か?

次回作が待ち遠しい。
posted by 灯台守 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画