2015年07月26日

ゴールデンスランバーの魅力

ゴールデンスランバーの魅力

読書レポートは下記。
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 新潮文庫 2015/6/22

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎・著 新潮文庫は 2008年本屋大賞受賞、第21回山本周五郎賞受賞作品であり、『このミステリーがすごい!』2009年版では1位となった。その魅力は、いろいろあげられるが、大きく絞ると下記の3点になると思う。

1.奇想天外な発想と設定
2.映画で言うフラッシュバック的手法。
3.巧妙な伏線

まずは、その設定である。現役総理が暗殺されるという事件を扱いながら、その犯人は捕まらないという意外性は捨てがたい。さらに、主人公は、その犯人の濡れ衣を着せられたサエない元宅配ドライバーである。このミスNo.1になったとはいえ、ひたすら逃走劇を描くという異色作でもある。作中に「ケネディとオズワルド」の事例を上げ、オズワルド冤罪説と絡めつつ、権力機構の怖さ、一般市民の無関心さ、マスコミの無責任さを描いていく。でもなぜかほんわかする癒しのエピソードもあるという所が伊坂節でもある。

さらに工夫されているのが、その構成である。冒頭は暗殺前の周辺描写であり、いきなり20年後に飛ぶ。読者はここで事件の概要とその後の状況を知った上で、事件後の逃走劇を追走することになる。そして、最後に事件から三ヶ月後となる。あらためて、事件後と三ヶ月後を読了た後、20年後を読むとさらに事件の全貌が浮き上がってくる。

そして、なにより秀逸なのが伏線の張り方である。小ネタから根幹まで縦横無尽に張られた伏線は絶妙のタイミングで刈り取られていく。伊坂さんの伏線は定評があるが本作でもその特徴は生かされている。伏線は回収よりも張るときのほうが難しい。伏線と気がつかないことが重要なのだ。伊坂さんは絶妙な張り方をする。さらにその内容は、伏線と思わせない何気ないものなのだ。

今回、読書会のために再読したが本作の魅力を再認識した次第である。
posted by 灯台守 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ