2015年05月16日

桂三金 独演会 〜三金の日 ファイナル〜 at テイジンホール

桂三金 独演会 〜三金の日 ファイナル〜 at テイジンホール
2015年5月16日は桂三金さんの独演会に行ってきました。昨年から継続しているという三金の日。演目は下記の通り。

熱援家族(作:三枝) 桂三実
温度差(作:三金)  桂三金
恋はまったなし(作:文枝)  桂三金
世界ふしぎ体験!(作:文枝) 桂文枝
仲入り
はてなの茶碗  桂三金

三実くんは22歳の入門3年めの若手・・・というか私の娘とタメかい!という感じ。文枝さんの前座も務めてました。以前の延陽伯よりもこちらの方が数段良い。さすがに現代っ子。
で、やっぱりお師匠さんは別格。おじいさんが自分の生前葬を行うというので、息子・孫を巻き込んでのドタバタを描くお話。この手の噺をさせると、文枝さんの独壇場です。

三金さんは、何度か繁昌亭でお噺を聞いていますが、鉄板のデブネタのまくらは面白いです。わかっていても笑ってしまいます。今回は自作と師匠の創作落語を2席、古典を一席でした。自作の創作は、なかなか良かったです。まだまだブラッシュアップ出来ますね。「恋は・・」は、相撲が絡むので有利な演目かもしれません。案外良かったのが「はてなの茶碗」。続ければ、油屋さんの性格付けが出来てもっとメリハリが生まれるでしょう。ネタおろしの三作を聞いていて、来てよかったと思える独演会でした。

補足:ホールでお見送りして頂いた時に握手をさせて頂いたのですが、体型に似合わない?ふんわりした柔らかい握手でした。
posted by 灯台守 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語