2015年05月11日

ソウルケイジ 誉田哲也

ソウルケイジ 誉田哲也 光文社文庫
ストロベリーナイトの姫川刑事が帰ってきた! シリーズ第二弾。

多摩川の土手に乗り捨てられたワンボックスカーに残されていた血痕と左手首。現場の近くの工務店では大量の血痕が発見された。警察は、その工務店店主が殺害されたと考え、周辺を追跡するが・・・。暴力団のフロント企業と、事故を装った保険金詐欺が徐々に浮かび上がってくる。

前作のストロベリーナイトがジェットコースターなら、こちらはメリーゴーランドと言うべきか。ドンデン返し的な大技はないが、その分積み上げられる人間模様が胸を打つ。人の哀しさという流れをどう捉えるかがカギの作品。丁寧な人間描写、刑事たちの心情を淡々と描く部分に好感を持った。

相変わらずの姫川と対照的な日下の描写がなかなか良い。次作にも期待して読もうと思う。
posted by 灯台守 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ