2015年05月30日

メイズ・ランナー

メイズ・ランナーはウェス・ボール監督作品。ディラン・オブライエン主演。

巨大な迷路に囲まれた森と平地に彼らはいた。どこから来たか、何故そこにいるのか記憶を持ったものは一人もいなかった。そとの世界とつながるのはBOXと呼ばれる装置。そこから一月に一度、物資と新しいメンバーがやってくる。そしてトーマスがやってきた・・・

彼は、その小さな世界に疑問を抱く。そして夜は閉まり朝にはふたたび開く迷路の中身を探ろうとしていた・・・

非常に素晴らしい謎の提示があり、もう一気に世界へ引き摺りこまれる。謎が謎を産み、迷路の中へ走りこむ感覚が連続するのは素晴らしい。さらに三部作の冒頭であり、二部への導入もある。

さて、何処に行くのか疑問を散らして第二部へ。秋口に公開らしい・・・。
posted by 灯台守 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年05月29日

本の修理体験

Facebookに載せていたけど、こちらにも情報を転載
5/23(土)
本日は、キンダーブック林林さんにて製本というか本の修理を体験。左側は昭和5年のアルス・日本児童文庫、右側は1905年のLittle Princess。(修理過程の写真はキンダーブッック林林さん撮影のもの。)
見事に復活しました。パチパチパチ(拍手)
この道数十年という講師の先生は面白い方でした。やはり、ノウハウというものはどの世界にも有るものだと再認識。どなたかご一緒に製本講座を受けてみませんか??

製本.jpg出来上がった本
製本2.jpg修理前の状況その1
製本3.jpg修理前の状況その2
製本4.jpg修理中
posted by 灯台守 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年05月28日

枝光 x 喬太郎 二人会 in 繁昌亭

5/28は桂枝光さんと柳家喬太郎さんの二人会でした。

出し物は下記の通り。

寄合酒 笑福亭喬介
紙入れ 桂 枝光
百川  柳家喬太郎
仲入り
夜の慣用句 柳家喬太郎
はてなの茶碗 桂 枝光

仲入り後は、もう驚愕の連続。出囃子が「ウルトラマン」でした。おまけに名作:夜の慣用句ときたら、震えが来ます。トリははてなの茶碗。これまた枝光さんのキャラクタ満載でした。

やっぱり落語は凄いです。しかも喬太郎さんです。毎回発見があります。
posted by 灯台守 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2015年05月27日

シリーズ読了 十時半睡事件帖 白石一郎

犬を飼う武士 十時半睡事件帖 白石一郎 講談社文庫
シリーズ第四弾。
出世長屋 十時半睡事件帖 白石一郎 講談社文庫
シリーズ第五弾
おんな舟 十時半睡事件帖 白石一郎 講談社文庫
シリーズ第六弾
東海道をゆく 十時半睡事件帖 白石一郎 講談社文庫
シリーズ第七弾

この数日で読了。シリーズは途中で絶筆。かなり残念。
品切れなのは、相当残念ではある。

機会を見て、書き込み予定。

posted by 灯台守 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物

2015年05月25日

林家染二 三ツ星2015 vo1.3

林家染二 三ツ星2015 vo1.3
5/23に繁昌亭にて。

道具屋 林家染二
マジック 笑福亭智之介
茶の湯 林家染二
仲入り
猫の災難 林家花丸
蔵丁稚 林家染二

染二さんをじっくり聞いたのは初めて。なんとも言えない味が有る方だと思った。ネタおろしの「茶の湯」は、ご隠居と丁稚ドンのキャラクタが命。あったかい、茶の湯でした。
花丸さんは初めて。そつなく「猫の災難」をこなされていた。酒好きの様子がなんとも良い。

機会があれば、再度聞きたい染二さんでした。
posted by 灯台守 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2015年05月24日

刀 十時半睡事件帖 白石一郎

刀 十時半睡事件帖 白石一郎 講談社文庫
シリーズ第三弾。

走る男
妖しい月
異母兄弟
楽しいおとこ

以上、六話収録。
一般の捕物帳とは一線を画す十時半睡シリーズ。謎は無いが難題がやってくる。本書の題名にもなっている「刀」は良い例だろう。人を殺めた息子を切腹させた奉行の望みは現代人からすると「普通」のことだが、当時の感情を考えると「仰天動地」なことだったのだろう。それよりもまして、半睡の予言と裁きっぷりは見事。

武家社会に仮託した現代社会への批判も汲み取れる稀有なシリーズだろう。
posted by 灯台守 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物

2015年05月23日

福笑 x あやめ 二人会 2015年5月22日

福笑 x あやめ 二人会 2015年5月22日
二人は「初の二人会」だそうで。
カケ酒 笑福亭たま
セールスウーマン(桂あやめ・作) 笑福亭福笑
脂肪遊戯(笑福亭福笑・作) 桂あやめ
仲入り
妙齢女子の微妙なところ 桂あやめ
インテリ強盗  笑福亭福笑

全席指定で満員御礼状態。いやぁ、抱腹絶倒で笑いました。
たまちゃんの「カケ酒」は最高です。上手い。バーのママが絶品。通常の落語とは違い、一人芝居状態が、またいい。
その後の、お二人はお互いのネタを交換。福笑さん演じる「セールスウーマン」は、福笑ワールド全開、あやめさん演じる「脂肪遊戯」も福笑ワールドを意識しつつあやめワールドになってました。良い噺を聴きました。

出囃子の交換とか、ネタの交換とか 貴重な時間を拝見しました。
posted by 灯台守 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語