2015年04月30日

桂文珍 独演会「一期一笑」 in 神戸

桂文珍 独演会 一期一笑 2015年4月29日 神戸文化ホール

毎年、GW前後にある文珍師匠の独演会。昨年は4/19だった。
今年の出し物は下記の通り。

桂 楽珍 島の医者・・・昼の部
     手水廻し・・・夜の部
桂 文珍 玄海集落
内海英華 女道楽
桂 文珍 花見酒
仲入り
桂 文珍 百年目

この数週間、桂米朝さんへのリスペクト的、弔慰的な演目が続いている。かの師匠に教わった噺をする方が多い。同時に思い出話も出てくる。なんか、とっても良いのですよ。変に陰気でもなく、騒ぐでもなく静かな感じが良いです。ちなみに文珍さんの100年目は、米朝さんから習ったものとのこと。

で、文珍さんは、やっぱり凄い。「玄海集落」という創作落語へ入る前の「じいさん・ばあさん」の掛け
合いは、もう絶品モノ。スバラシイ!! 「じいさん・ばあさん」のおかしな噺をさせると文珍さんの右に出る人は、今はいません。 第一人者!
posted by 灯台守 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語