2015年02月28日

土漠の花 月村了衛

土漠の花 月村了衛 幻冬舎
2014年度本屋大賞候補作シリーズ。

ソマリアの海賊対応に派遣されている自衛隊メンバー。折しも他国の軍のヘリコプターが遭難し、出動要請され現地に赴く。その墜落場所近くで野営中駆け込んできた現地の女性がいた。彼女を受け入れたその直後に夜襲を受ける。彼女が逃げてきたのは、そのテロリストからだった。一旦窮地を脱出した彼らは、隣国ジブチの基地への生還を目指すが・・・。
迫り来るテロリスト、死と背中合わせの逃亡、何かを隠している彼女。想像しなかった戦闘という現実に直面する彼らは、生き残って生還できるのか。

期待の新鋭、「機龍警察」で喝采を浴びた作者の最新作でもある。いろいろと話題になっている自衛隊を正面に据えてのフィクション。想像上の設定とは言え、リアルな設定に引く方もいらっしゃるだろう。そのリアルさ故に、死と直面する隊員たちの息遣いが伝わってくる。

各キャラクタの書き込みがちょっと足らないような気もするが、勢いで読めます。(褒め言葉です)映画化は、ヒロインをどうするか大変だろうな。主人公は岡田君で決まりかも。(^^;
posted by 灯台守 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) |