2014年12月29日

ベイ・マックス

ベイ・マックスは、ジョン・ラセターの総監督作品。

よかった。
なかなか、泣けた。
最後の最後に爆笑!
さすが、マーベルコミックス

#後日追記予定。で、以下追記。

ヒロは天才的な頭脳でロボット工学に秀でた14歳。ある日、兄のタダシが火災事故で亡くなった。それはヒロが画期的なプレゼンテーションを行った日だった。憔悴したヒロの元にはタダシが作ったケアロボット=ベイマックスが遺されていた。ベイマックスとの交流の中で、ヒロはタダシの死因に疑いを抱く・・・

日本文化をリスペクトした基盤があって、ネタの仕込みが楽しめる。マーベルコミックスがベースとあって最後に戦隊ヒーローものになるのはご愛嬌かも。
それぞれのキャラクターが立っていて、それぞれにとがっている。続編が待ち遠しいところ。猫のモチがなかなか愛くるしい。(笑)

後ろで見ていた小学生数人と家族の方々は、エンドクレジットの途中で出てきったけど、残念。マーベル映画は、途中で出て行ってはいけません。
posted by 灯台守 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画