2014年12月15日

シロガラス(3)ただいま稽古中 佐藤多佳子

シロガラス(3)ただいま稽古中 佐藤多佳子
いきなり目覚めた能力に戸惑う六人。しかし、その能力を伸ばすには。雪気が語るには・・・

最後の数ページに、ちょっと驚き。え、そんな方向?
ファンタジーだと思っていたらSF??

期待して待つ4巻!!
posted by 灯台守 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2014年12月14日

ワンコイン寄席 特別編 12/14 夜 神戸文化ホール

神戸文化ホールの「ワンコイン寄席 特別編」に連日の通い Part2です。
12/14 夜の部です。

出演者は、下記の通り。
笑福亭智六、笑福亭智之介、桂阿か枝、林家竹丸
で、演目は下記の通り
笑福亭智六 子ほめ
桂阿か枝 狸の賽
林家竹丸 立候補
笑福亭智之介 池田の猪買い

竹丸さんは、本日2回めの「立候補」。(^^;
結構内容が変わっていたのがなかなか未体験でした。本作は、文枝師匠の創作落語ですね。

ワンコイン寄席は、良いです。機会があれば、再度寄せてもらいたいです。
posted by 灯台守 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

ワンコイン寄席 特別編 12/14 昼 神戸文化ホール

神戸文化ホールの「ワンコイン寄席 特別編」に連日の通いです。
12/14 昼の部です。

出演者は、下記の通り。
笑福亭智六、桂三ノ助、林家竹丸
で、演目は下記の通り
笑福亭智六 うんまわし
桂三ノ助 ちりとてちん
林家竹丸 立候補

演目以外に扇子と手拭い活用法講座がありました。
なかなか、面白いです。自分の頭の硬さを思い知りましたが・・・

さらに扇子がプレゼントされて、サインも頂いて、堪能の昼の寄席でした。
posted by 灯台守 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2014年12月13日

ワンコイン寄席 特別編 12/13 夜 神戸文化ホール

神戸文化ホールの「ワンコイン寄席 特別編」に行ってきました。
12/13 夜の部です。

当初の出演者は、下記の通り。
月亭八斗、桂咲之輔、桂三ノ助、桂阿か枝
しかし・・・

で、演目は下記の通り
月亭八斗 転宅
桂咲之輔 鷺とり
桂阿か枝 軽業講釈
〜仲入〜
桂三ノ助 ハト

鷺とり以外は初めてだと思う。一番しっくり来たのが咲ノ輔さんだった。なかなか上手い。
八斗さんも、間抜けなドロボウを好演していた。阿か枝は、語り口上手い。三ノ助さんは文枝さんのお弟子さんだったのか。「鯛」とは一味違う創作落語の「ハト」。今後の創作ものに期待したいです。

で、この後ビックリのゲスト登場。鶴瓶さん。

笑福亭鶴瓶 オールウェイズお母ちゃんの笑顔
鶴瓶さんのお母さんとのお話が見事に語られる。

いやはや、驚愕のワンコイン。過去最もコストパフォーマンスの良いワンコインだった。

posted by 灯台守 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2014年12月11日

ドラゴン・ティアーズ〜龍涙 I.W.G.P 石田衣良


ドラゴン・ティアーズ〜龍涙 〜池袋ウエスト・ゲート・パーク〜 石田衣良
シリーズ9作目。

キャッチャー・オン・ザ・目白通り
家なき者のパレード
出会い系サンタクロース
ドラゴン・ティアーズ〜龍涙

悪徳商法、ホームレス、出会い系、中国人労働者は今回のお題。

今回のベストパーソンは、最終話のクーこと郭順貴。理由は読んだらわかる。もう唯一無二。
posted by 灯台守 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年12月09日

鉄の魔道僧1 神々の秘剣 ケヴィン・ハーン

鉄の魔道僧1 神々の秘剣 ケヴィン・ハーン ハヤカワFT文庫
某中古書店で、タダ券で入手したファンタジー。
アティカスは、外見は20歳そこそこの大学生。しかし、その実はキリストよりも年寄りな2100歳を越えるドルイド(魔法僧)である。
彼方の昔、神々の戦いの中、ふとしたことで入手した絶対の剣。それを狙うケルトの神・アンガス・オーグ。ケルトの神々の勢力争いに巻き込まれ、魔女のグループ(ガヴン)とも関わり合いになる。繰り返し狙われる彼は、はたして生き延びることができるのか。

なかなか設定が面白い。ケルトの神々がオールスターキャストで登場するし、アメリカの神=コヨーテ神やキリスト/聖母マリアも登場する。また、相棒であるアイリッシュ・ウルフハウンドのオベロンとの会話がユニークである。この一人と一匹の掛け合いだけでも堪能できる。

ケルト神や魔女達、バンパイアに人狼とバラエティあふれるファンタジックなキャラクター達と驚愕に満ちる世界。あなたを新たな冒険へ召喚してくれる本だろう。
posted by 灯台守 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2014年12月08日

シロガラス(2)めざめ 佐藤多佳子

シロガラス(2)めざめ 佐藤多佳子 偕成社

落雷のようなモノを浴びた六人。その後、不思議な現象が起き始める。全員が特殊な能力を得ていた。
その事に戸惑うものや、その能力を嫌うもの。そして・・・

ゆくっりと核心に迫っていく感じがする語り口は、通常のファンタジーには無い書き方である。視点が六人分転換することで、彼・彼女達の混乱や想いが伝わってくる。

三巻へ続く・・・。
posted by 灯台守 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー