2014年11月25日

猫弁 大山淳子

猫弁 〜天才百瀬とやっかいな依頼人たち〜 大山淳子 講談社
ドラマの原作大賞を受賞した作品。

百瀬は弁護士だが、なぜか猫や犬といったペット対応が専門になってしまっている。おまけにお見合いは30連敗中だ。そんな事務所に持ち込まれた依頼は「霊柩車が盗まれた!」というもの。さて、猫専門の「猫弁」百瀬の活躍をご覧あれ。

見事なご都合主義と言えるかもしれない。登場人物が、つながる!つながる! かなり良い感じで繋がっていく。霊柩車を盗まれた社長、その運転手、その霊柩車を盗んだ二人組、その二人組と関わるばあさん、不思議な靴磨きのじいさんと、凄腕のばあさん、おまけに結婚相談所の百瀬担当者と若手担当者、事務所の二人まで、もつれた糸は見事に一枚の織物になっていく。

楽しく読み進めて、最後に癒やされるミステリでしょう。
posted by 灯台守 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ