2014年11月11日

夢馬の使命 ピアズ・アンソニー

夢馬の使命 ピアズ・アンソニー 早川FT文庫
ザンス・シリーズ 6作目。
前作の人喰い鬼のバリバリの探索に出てきた夢馬のインブリが主役である。
百五十年ぶりのマンダニアからの侵攻。その危機を防ぐために彼女は、夜の夢馬の主からある伝言をトレント王に伝えるよう指示された。「馬の乗りてに注意を!」ということを・・である。

しかし、ザンスのトレント王、ドオア、ハンフリー、ゾンビーの頭、はてはビンクまでも意識不明の状況に追い込まれる。謎の伝言の意味は?そしてザンスの危機は回避できるのか。

ロジックの言葉遊びが多いザンスシリーズだが、この話はラストへの収束の仕方が鮮やかで面白い。シリーズでも傑作だろう。
posted by 灯台守 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー